FC2ブログ
tomoくん(山P)大好きな『みゆきっこ』です。日記やドラマなどを見ての感想や日々の思いを綴っていきたいです。

NO.95 ぶどうの木
こんばちわっ!

『ぶどうの木』を見ました。何度も何度も泣いてしまいました。
親と一緒に暮らせない子供達。。里親として里子として頑張ってる人達。。
施設や福祉士の人達。。その人達の一生懸命さがすごく伝わってきて。。感動しました。
里親制度とかについて感じた事を日記の感想の後に書きたいと思います。



昨日の山Pの日記の感想

(昨日は、朝5時45分頃起床。。超早起きモードの山Pです。。)
あ~半端ねぇ眠い!
最近早起きという早起きしてなかったからまだ体がついてかないわ!(笑)
多分明日あたりからはバッチリ体ついてくるはず
(体が慣れるまで大変ね!でも、一日で慣れる。。ってところがいいわね。
地方だから、澄み切った空気の中で。。頑張ってね。。。)
(昨日は、弓のシーンに挑戦。。。)
弓引くのマジ力いる
普通に腕パンパン!
(見ているだけでも、弓って力が入るわ。。腕の力こぶ。。たくましくなりそうね。。
冷やしたり、マッサージしたり。。フォローもちゃんとしてね。。)

的に当てるの難しすぎる!そのうち絶対当ててやる
(^^)Y
(的に当てたら、さぞかし気持ちいいでしょうね。。
頑張り屋の山Pだから。。その意気込みでガンバ!)

(弓の楽しさに目覚め。。。プライベートでもやりたいそう。。)

(今日は、現代劇の撮影だとか。。)
時代劇との差をどれだけつけられるかってのが今回の目標
明日は目標達成してくるわ!
(目標を決めて努力するところが山Pらしい。。役者山Pの正念場。。
どんな風に変わるのかとっても楽しみです。)




『ぶどうの木』を見て。。。

自分はつくづく幸せだなぁ。。って感じました。もし、わが子を手離さなければならない
としたら。。とても辛い事です。主人公の『新藤陽介』の実のお母さん。。体が弱くて。。
それでも2歳までは愛情を注いで育てたんだと思う。。でも、子供はその頃の記憶は
全然なくて。。
それまでの愛がわかってるからこそ、急に施設に預けられたら「捨てられた。。」と
いう感情になるのじゃないかな。。その時に、「捨てられたんじゃないよ」という事を
伝えてあげられたら。。きっと皆さん努力されてるんだろうけど。。
とても難しいことですね。。
こういう女性に対して、子供を手離さなくていいような何か方法はないものなのかなぁ。。
そして、地域の人たちの協力も必要だな。。って思いました。

里親制度があるのは知っていましたが、身近にそういう人がいないということもあって
このドラマを見なければずっと知らずにいたと思います。
今もこの制度で子供達を育てている方達。。そして子供達に。。頑張ってほしいなと。。
Yellを送りたい。。と思います。そういう人達みんなに幸せになって欲しいです。

『片桐親子』のことはまた機会があったら書きたいな。。と思います。

それでは、また。。See you!

スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

ぶどうの木
ぶどうの木って、ヤマピが出てる連ドラなの?
mi-ko | URL | 2006/10/04/Wed 10:21[EDIT]
mi-koへ
連ドラじゃなく、2時間ドラマよ。You Tubuは、6分までしか録画できないのかな?。。
mi-koからのエアメールを読んだ後に見たから、よけい感動したの。
私は、3人ちゃんと手元でそだてられたから。。。あなた達がちっちゃい頃から今までの事が
走馬灯のように浮かんできて。。。幸せなときを過ごせたなぁ。。もっといろいろな事を
してあげたらよかったなぁ。。。って考えて涙が出てきて。。。

じゃ、またカキコよろしく!待ってるからね。。。
みゆきっこ | URL | 2006/10/04/Wed 12:28[EDIT]
ぶどうの木
私もぶどうの木見ました!!(Pちゃんの登場シーン少なかったけど)
なんかとっても切ないですよね。。
最後に死んじゃうなんて、、、
しかもPだし;(死ぬ役多い!!泣)
妹が虐待受けたトラウマで、お金盗もうとしたときに父親の手が触れることを怖がってたのが印象的でした。。
小さい頃のことって一生付いて来そうですね。
それに比べたら私は幸せ者です♪
最後のお葬式のシーンなんて、遺影が山Pだから本当に悲しかったです><

「ぶどうの木」は関東で再放送してたときに見たんですが、「少年は鳥になった」はDVDがあってそっちもかなりオススメです!!
15歳くらいの山Pが病気にかかって死んでしまう(また死ぬ役;;)話。。
ジュニアの風間くんも友達役で出ています。
NewS加藤とKAT-TUN田口は生徒役の中に混じっているはずなんですが…
見つけられませんでした。。苦笑
YUKI | URL | 2006/10/04/Wed 20:51[EDIT]
YUKIさんへ
こんばちわっ!
『ぶどうの木』。。ほんと切なくて。。感動しました。”妹が昔受けた虐待のトラウマで・・・”
。。”それに比べたら私は幸せ者です♪”。。YUKIさんがそう感じて家族や命を大事にして
くれたら。。それがドラマを制作した人達、出演者達には何より嬉しい事だと思うし、
私もなんか嬉しいです。

実のお母さんがすごく悪いときに陽介が母の事を「やつ」。。って言った時、片桐のお父さんが
言った言葉。。「おまえ、よ~く頑張ったよ、」。。陽介が病院まで行ってまだ母に会うのを
ためらっている時の言葉。。「それでもいいよ、14年分のお前を見せればいいんだ。
ほんとに良く頑張ってきたんだから」。。陽介の歩んできた人生を認めてあげるというか。。
その暖かい言葉が印象的でした。
そして、母との再会。。ずっと捨てなかった自分の名前を「新藤陽介です」とちゃんと言って。。
『こんなお母さんでゴメンね。。生まれてくれてありがとう。。』。。という母。。『もういいよ、
お母さん、もういいよ。。』。。陽介が素直に母と向き合えたこのシーンもすごく好きです。
せっかく母からつながった命のリレーをずっとつないで欲しかった。。これからの人生、辛い事も
あるだろうけどもっと楽しい事もたくさんあっただろうに。。と思うと、早すぎる死が残念です。
最後のお葬式のシーンも。。私もすごく悲しかった。。

「少年は鳥になった」。。また山Pが死んじゃうの?。。哀しそう。。ぜひ見てみたいです。
(幼顔の)色んな人を探すのも楽しそうね。

ブログでの、山PとU君、そしてJIN君。。の話が楽しかったです。
山Pが『仁とか、仁とか、仁とか。。』って日記に書いてたのは、「ぶどうの木」で
『俺も、バイトとか、バイトとか、バイトとか。。』って言う台詞からきてるのかな?。。ってふと
思っちゃいました。山Pが手話を踊りに取り入れてるのも、片桐家の3人目の子供に手話で
話し掛ける所から来てるのかな。。とかも思ったりして。。
(いつかブログに同じような内容を書くかも。。そのときはゴメンね。)

長々と書いてごめんなさいね。またお邪魔します。さようなら。
みゆきっこ | URL | 2006/10/05/Thu 07:39[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © tomoくんと子供3人に癒される母日記. all rights reserved.