FC2ブログ
tomoくん(山P)大好きな『みゆきっこ』です。日記やドラマなどを見ての感想や日々の思いを綴っていきたいです。

+692 今日は。。曇り。ちょっと肌寒い1日!
こんばちわっ!

今日は。。曇り。ちょっと肌寒い1日でした。

ジャニーズウェブに。。

TOPICSとして。。

“昨日の『あしたのジョー』東京下町凱旋舞台挨拶レポ”がUPされてました。

昨日、新聞などに書かれてた以外のジャニーズウェブの記者さんならではのレポが楽しかったです。で、ちょこっとご紹介!

ジョーの故郷でもある凱旋舞台挨拶が行なわれました。その一つ、錦糸町での舞台挨拶の模様をお届け~。。とのこと。

上映後の熱気と余韻にあふれる場内に、伊勢谷さん、監督さんとともに登壇!!…するやいなや、場内客席のそこかしこに目を走らせ、ピックリした表情に!!。。そんなtomoくんを想像!

約400人の皆さんによる段平コスプレに、『ビックリした!ふははは!!』と驚き&笑いをこぼすtomoくん!

『ちょ、沢山いすぎてタモリさんにも見えます(笑)』ト、愛パッチがサングラスに見える!?なんて感想も。

大ヒットとなった今の気持ちを。。『公開一週間で、沢山の人に観て頂けたということで、本当に嬉しく思います』と語り、『さらに皆さんに…段平になって頂いて(笑)。本当に足を運んで頂いてありがとうございます!』とお礼を。

また、舞台挨拶をいくつか行ってきたということで、映画『あしたのジョー』鑑賞回数をたずねる一幕も。

『初めてという方?…2回目の方!?』と挙手してもらっていき、続いて『じゃ、ちょっと一個飛んで、4回目の方?』とtomoくん。

これには伊勢谷さんから『ちょ、ヤマピー今…3回目の…!!』というツッコミが。

すかさず『ごめんなさい!3回目の方、楽しみにしていたんですよね(笑)。じゃ、3回目の方!…4回目の方!』と、くしゃっと笑ってカウントを続けていったtomoくんだったそう。そのくしゃっとした笑顔、観てみたかったなぁ!って思ったり。

沢山のご観賞に「皆さんありがとうございます!』と改めて御礼を述べていたとのこと。

さらにこの日、話題沸騰中の映画『あしたのジョー』にぴったりの“海外での上映”に関するアツ~いビッグニュースも!

現在、9つの国と地域での配給が決定!さらに、ベルリン映画祭のヨーロピアン・フィルム・マーケットでの活動の結果、韓国・インド・ドイツ・ノルウェー・スウェーデン・デンマーク・フィンランド・オランダ・ロシア・オーストラリア・アメリカ・スペイン・トルコ・スイス・イタリア・ブラジル・メキシコという17の国と地域で交渉も進行中なんだとか!ベルリン映画祭でも活動してたなんて、わぁ、凄い!頑張れ!ジョー!頑張れ!“映画『あしたのジョー』!”ですね

世界進出の大きなニュースに、映画の世界観同様に『下町を舞台に、下町から“世界へ這い上がって行く!”というストーリーが見えてくる!』と伊勢谷さん。

『僕、錦糸町に住んでいたんですよ』と、実際に下町出身と語ったtomoくんは、『さっきは船橋(市川)でも舞台挨拶をしたんですけど、僕も出身が船橋で、その後、錦糸町に引越して。僕も徐々に這い上がってきています(笑)。

高校時代ずっと錦糸町にいたので、すごく思い入れがあって。ここの劇場にも来たことがありますし…ここに(舞台挨拶で)立つなんて』と、一層感慨深い様子で語っていた。。とのこと。船橋、錦糸町と自分の出身地で、舞台挨拶できるなんて、凄いことだと思う。おめでとう!

tomoくんが語ったように、この日“東京下町凱旋”ということで、市川、錦糸町、西新井で行なわれた舞台挨拶。なかでも、この錦糸町での舞台挨拶を行った劇場から、劇中の舞台“泪橋”の地名が残る地域は近いとのこと。

撮影前にこの地を訪れたという曽利監督からは、『泪橋はもうないのですが、リアルに交差点の信号の所に“泪橋”と書いてあって…感慨深いですね。
山下君が子供の頃ここで過ごしたと言うのは、ジョーをやるのは運命だったんですね!』ということばも。

これには、『そうですね!ありがとうございます!』と笑顔を浮かべていたというtomoくん!新聞は一部しか書いてないので、こうやって詳しく書いてもらうと、あぁ、そうだったんだぁ。ってその場の雰囲気が良くわかってなんかこっちまで感動ひとしおです東京に行ったら、是非行ってみたいですね。メモメモ(笑)。

下町から世界へ向かう、映画『あしたのジョー』。
世界各地での上映について、『国を越えて観て頂けるのは凄く嬉しいです』と改めて感想を述べ。。

そして、『いろいろ…文化とか、教育の違いはあると思うんですけど,”人間が目標に向かって真っすぐ歩いていく”っていうのは一緒なんじゃないかなと思うので。是非いろんな国の方に観て頂けたらと思います。もちろん、錦糸町の方にも!!』と語ったたtomoくん!

さらにここで、サプライズゲストが!なんと、ジョーを慕う“チビ連”下町の子供達を演じた、子役の面々が登場!
これには『おお~!!』と顔をほころばせるtomoくん!花束を受け取り、頭をなでてあげる…なんて場面も!

tomoくんとのエピソードを語る…という事ながら、緊張してなかなか話せないでいる子供達に『大丈夫だよ!言っちゃえ!』とtomoくんが優しく声をかける場面も。

『カンチョーしたことが印象に残りました』と言う子に、『そう、されたんですよ(笑)』と笑って答えるtomoくん。緊張して、それしか思い浮かばなかったのかな。なんか可愛いですね。

さらに『抱っこしてもらったこと』『お腹さわったら硬かった!!』『僕たちが撮影中で、(tomoくんは)先に終わっていたのに、僕らを待っててくれたこと』、『お母さん達に“山下さんって呼びなさい!”って言われてたんだけど、僕らがヤマピーって言っちゃった時に、“すいません!”って謝ったら”ヤマピーでいいよって”言ってくれて優しかったです!』というエピソードが満載!

久しぶりの再会に『びっくりしました(笑)。本当にこの子たちのお陰で、現場も和めたし、僕自身も色んな…食事制限しているストレスとかからも解放してもらっていて。今日は会えて嬉しかったです。ありがとう!』とやわらかい笑顔を見せていたtomoくんだったそう。

その様子を見ていた伊勢谷さんからは『ジョーも子ども達からエネルギーをもらっていたんだろうな。っていうのが感じられました』との言葉。アニメ『あしたのジョー』を観てて、それはほんと感じます!”チビ連”たちがジョーを慕って叱咤激励する場面もあったり!観てて心が和みます。

最後は登壇者全員&段平コスプレの客席の皆さんと一緒に、取材陣のカメラに向かってフォトセッションを!。。わぁ、明日のエンタメが楽しみです。お智だちが、どの会場かわからないけど、むらさきのいい色合いの劇場での写メを送ってくださって。。その場の雰囲気を少しでも感じられて。。幸せな気持ちになったんですよね。田舎に住んでて、舞台挨拶の場とかそういうのには行けれないけど、素敵なお智だちのお陰で。。感謝感謝です

“おかえりジョー!”の看板に見守られながら、最後に『頑張ることの熱さとか…(劇中の)“明日に向かって死に物狂いで、今日を生きると、綺麗な明日をむかえられる”じゃないですけど、“1日1日を楽しんで生きていってほしい”というメッセージを受け取ってもらえたんじゃないかと思います!今日はありがとうございました!』と挨拶するtomoくん!、“1日1日を楽しんで~”。。はいっ!なんかくよくよしてても何も始まらないし、私も日々楽しもうと思います!ありがとう!

“明日に向かう”まっすぐさとエネルギーを是非、劇場の大画面から受け取って!!と締めくくられた今回のTOPICS。。ほんと楽しかったです!レポしてくださったジャニーズウェブの方、ありがとうございました!


昨日のtomoくんの日記はお休みだったので感想もお休みです。
昨日は甘夏採りして、今日も朝早く起きなきゃって気になって。。何度も目が覚めてぐっすり眠れなかった

で、帰って眠くってベッドにバッタンキュー!で、10時半頃から何度も起きなきゃって思うんだけどやっぱり起きれず。。起きたのが11時半頃。寝すぎ~

おばあちゃん家から留守電あり!

『今日、電気屋さんが来て。。テレビが12CH映るようになりました!お知らせまで!』って嬉しそうな声!

今まで、山の谷間で民放全然映らなかったので。。よかったなぁ。って思います子供たちも帰って来たら喜ぶだろうな。

昨日、今日とお智だち5人からメールがあって。。まだ返事返せてなかったので、頑張って返信してました

長女からも嬉しいメールあり!

『ゴールデンウイークいつから来るシルクドソレイユ知っとる見に行かんいいともも応募しよう

tomoくんのソロコンが5/7(土)だから、ゴールデンウイーク明けに金曜日の夜行バスで娘んとこ行こうかと思ってたんだけど。。きゃっ。嬉しいっ

『そんなに早くから行っていいの?今日バレーの試合があって 帰って今まで寝てた(笑)連敗』って返信。

『バレーお疲れ~せっかく来るんやから、ゆっくりしていいよ

『ありがとう昨日からまた甘夏採りしてる明日からも頑張るね』。。こんな感じでした。楽しみ楽しみっ!

あっ!『いいとも』にも応募しなくっちゃ!この前応募した時のコピーがあるから、明日往復はがき買って頑張って書こうと思います

では、もう寝ます。おやすみなさい。

そんなこんなの一日でした。

それではまた。。See you!
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © tomoくんと子供3人に癒される母日記. all rights reserved.