FC2ブログ
tomoくん(山P)大好きな『みゆきっこ』です。日記やドラマなどを見ての感想や日々の思いを綴っていきたいです。

+621 今日も。。寒い1日!あったかいスープが美味しいっ!
こんばちわっ!

今日も。。寒い1日!あったかいスープが美味しいっ!

今日は。。ブログ巡りしてました。

シネマトゥデイ映画ニュース”に嬉しい記事が載ってる

って書かれてたので。。ちょこっとご紹介!

ページはこちら!→http://www.cinematoday.jp/page/N0028900

人気漫画の実写化で異例?『あしたのジョー』実写映画にちばてつや氏

「私の原作を超えていた」。。ってタイトル!

単行本累計発行部数が2,500万部を超えるボクシング漫画の金字塔「あしたのジョー」の実写映画がついに完成したが、

その完成度の高さに原作者のちばてつや氏が「私の原作を超えていました」と異例の発言をしていることがわかった。

人気漫画になればなるほど、実写化に対するファンの意見は厳しいものになり、実写化が決定した時点でアンチが数多く出現するのが常だ。

また、原作者にとってもそれは同じことらしく、映画公開に向けて自分の作品とは別物として楽しんでほしいと宣言する原作者も現れたりするほどその思いは複雑だ。

「あしたのジョー」はまさに日本の高度経済成長期にその時代を生きた読者とともに成長した作品で、当時のファンやその後アニメや単行本で新たに加わったファンも含め「決して土足で踏み入れてはならない聖域」だ。それは映画化に向けて企画者たちが何度も実写化をためらったことにも現れている。そんな中、走り出した企画は出来ていない映画に対してでもファンからの風当たりは冷たかった。

原作者であるちばてつや氏も実は「心配で眠れなかった」という。「あしたのジョー」の原作は高森朝雄氏(故・梶原一騎氏)とちばてつや氏。高森朝雄氏は亡くなっているが、夫人の篤子さんがちば氏と5,000平方メートルのオープンセットを訪問し、漫画からそのまま飛び出してきたかのようなドヤ街に感動したことを語っている。しかし、それと映画の出来とは別で、完成品を見るまでは安心できなかったという。

ところが、出来上がった映画を試写で観たちば氏は何と映画に触発され、約

40年ぶりに「あしたのジョー」の名シーンを描き起こすまでに至る。

 ちば氏は主人公、矢吹丈を演じた山下智久とその宿命のライバル力石徹を演じた伊勢谷友介について、「山下さんと伊勢谷さんはジョーと力石そのものでした。二人が殴りあうシーンはすごい迫力でした」と映画の完成度の高さを素直に絶賛。そして「それを観たことで、僕も連載終了以来、初めてジョーと力石が打ち合っているシーンを描くことができたんです」と実写映画が逆に原作者の心を揺り動かすという異例の現象を引き起こしていたことを明かしている。。前売り券についてた特典のポストカードですね。戦ってる2人が生き生きと描かれてた!できればもっと描いてほしいなぁ。って思ったり。

そしてちば氏は「私の原作を超えていました。もう一人の原作者の高森朝雄さんもこの場にいらっしゃったら同じことを言うと思います」と語っている。原作者に「原作を超えた」とまで言わせた、実写版『あしたのジョー』はそれほどの完成度を持って仕上がった。。うぅ~、嬉しいですね。たくさんの人が観てくれるといいな。

もう一つ。。色んな映画の試写会の感想を書かれている方が。。

『あしたのジョー』業務試写会 ”。。ってタイトルで

書いてくださってるとのことで。。こちらもご紹介!

ページはこちら!→http://trivial.way-nifty.com/trivialities/2010/12/post-eaa4.html

【12月9日特記】 来年2月11日公開の映画『あしたのジョー』の業務試写会に行ってきた。
この手の原作ものの宿命として、この作品についても必ず「こんなもん、『あしたのジョー』じゃない!」という意見が出てくるのだろうが、幸か不幸か僕は、原作と同じ時代を共有はしたものの、別段熱心な読者でも視聴者でもなかった。

だから原作との比較論を展開することはできないが、逆に言えば原作から自由に見られた。これは観客として幸せだったのではないだろうか?

で、正直言って満足である。

監督は曽利文彦。 ~ この作品は、多分(いつも昔の記憶が薄れてしまっている僕のことだから確かではないが)原作に忠実に作ってあるのだろうが、それでいて曽利監督の個性はよく出ていたと思う。特に今までは、監督と言いながら「CGの人」というイメージだったのが、この作品ではしっかり監督になったなあという印象がある。

もちろん「CGの人」としての力量は余すところなく発揮していて、街の風景から殴られて歪む顔、飛び散る汗まで、いろんなところで見事な映像が画面を埋め尽くしている。ただボクサーの動き自体は、幾分特殊な加工も施しているとは言え、

基本的に生身の役者の動きに委ねている。

それが結構迫力があるのである。。なんとも嬉しい言葉。

そして、特撮のないシーンも含めて、この監督はとても構図が良い。。

冒頭のいくつかの加工された風景や人のシーンで時代と場所のイメージを、ややジャズっぽいブルースハープの響きに載せて、かなり的確に伝えてくる。「ああ、なんか行けそうな感じ」と思った。。ジャズっぽい音楽…そのシーン、早く観たい!って思った。

雨宿りする矢吹丈(山下智久)。警察に追われる矢吹丈。無銭飲食する矢吹丈。そして食堂での丹下段平(香川照之)との出会い。そしてヤクザの西(勝矢)と丹下の殴り合いが始まり、白木葉子(香里奈)の登場。。うぅ~、ますます観たくなる

食堂のオヤジのモロ師岡がものすごく良い。昭和の薫り。そして、ドヤ街の子供たちもとても良い。街のセットとCGも合せて、「ああ、そう、こんな時代だった」と思う。

そして、少年院で力石徹(伊勢谷友介)に完膚なきまでに叩きのめされる矢吹丈。少年院を出て本格的に丹下のおっつぁんとボクシングに取り組む矢吹丈。

みんな知ってる話だ。途中、「あれっ、トリプル・クロス・カウンターって、このタイミングで出てきたんだっけ?」などと思うが、多分僕の記憶違いなんだろう。細部はともかく、言わば古典みたいにみんなが大体知ってる話だ。。私、よく知らないので、

試合の後、力石がどうなるか、恐らく若い観客以外はみんな知っている。知っているだけにどう描くかが難しい。そして、どこまで描くかも難しい。まさか丈が燃え尽きて白い灰になってしまうところまで描くわけには行かない。となると、どこで切るかが難しい。

そんな中、とても良い出来に仕上がったのではないかなと思う。

本格的な肉体改造を達成してから撮影に望んだ山下と伊勢谷には本当に、心の底から頭が下がる。「たかが映画で、よくそこまでできるよな」という思いが、丈と力石のボクシングに賭ける情熱に対する尊敬の念にそのまま繋がって重なってくる。。わかってくれる人がいるって嬉しい。読んでて、なんかうるうる。

そして、リングの周りをカメラがグルグルと回りながら長廻しのワンショットで展開するスローモーションの面白さ。リングの上から段平を見下ろすカメラ。リングの床の高さから段平を正面に捉えるカメラ・・・。。ぐるぐる回るカメラ。って、人動だから、回してた方、目が回ってフラフラで大変そうだった。そういうのも思い出した。ほんとに、役者さんやスタッフさんそれぞれの頑張りがあって出来た作品なんだな。ってつくづく思います。

何よりも今回気づいたのは、僕の中で段平の「立て、立つんだジョー」という台詞が完全に水戸黄門の印籠になっていたということである。ずっとその台詞を待っていた。そして、実際に香川照之がそれを口にしたとき、僕の目頭は熱くなっていたのである。

贔屓目(ひいきめ)なしに結構良かったと思うのだが、どうだろう。今、2ヶ月先にならないと見てもらえないのが歯がゆいくらいの思いでいる。
 ~
後年、曽利監督の代表作として一番に挙げられるのは、『ピンポン』ではなくこの映画になっているのではないだろうか。
                                               by yama_eighさん

そして。。tomoくんの代表作としてこの映画が挙げられるようになってくれたらいいな!きっとそうなるよね!


東宝新作映画情報紹介メディア一覧”のページをのぞくと。。

「あしたのジョー」。。

12/15。。映画のセオリー。。

映画館のチラシかな?雑誌なのかな?初めて聞く名前です。

12/19。。お絵かきパズルランド。。

パズル雑誌に載るなんて、パズラー?としてはなんか嬉しいっ(笑)。ともに。。映画紹介だそうです。

きのうのtomoくんの日記の感想
(今日は~して~。。って、お疲れ様!)

(~撮影~ました ~かいま~してます。。っていうtomoくん。うんうん。何悩んでるの?)

(何を書こうか~。 んー よし! ~!。。って、このあとがまた楽しいんですけど。)

(~! 決めた! もし~するとしたら   ~かな。。って、なんとなくそうじゃないかな。って思った(笑)。)

(~欲しいものがなんでも手にはいる~   どら○もん~。。ふふっ。。とりあえず。。何かりて どこまで行く?)

(~タケコプター~ 行けるとこ~ます。(笑)。。行けるとこまで…って、いろんな事に挑戦して仕事に頑張る!って気持ちのように感じた!このあと、。。ごめん~からって~してしまいました。。って、tomoくん謝ってくれてます。)

(~ネタがない~どら○もんに頼って~(笑)。。今日は、もうこれ読んで…楽しくって、何度も膝をたたいて笑ってた私です。楽しい日記、ありがとう!)

今朝煮込んでた鶏がらのスープに。。春雨を入れて。。白菜やカブがめちゃとろっとろっ。。めちゃ美味しい~

今日は。。夜のうちにUP出来そう!嬉しいっ!

あぁ~、あくびが出ました。もうねます1お休みなさい

そんなこんなの一日でした。

それではまた。。See you!
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © tomoくんと子供3人に癒される母日記. all rights reserved.