FC2ブログ
tomoくん(山P)大好きな『みゆきっこ』です。日記やドラマなどを見ての感想や日々の思いを綴っていきたいです。

+486 今日は。。さほど寒くなくって良かった~!
こんばちはっ。

今日は。。さほど寒くなくって良かった~!

tomoくんのラジオ、先々週のやっと聴けました~!教えてくれたお智だち。。ありがとう

【山下智久 Cross Space Jan 25】

tomo『金曜日夜11時半。山下智久です。山下智久Cross Space。TOKYOFMをキーステーションに全国38局をネットしてお送りしま~す。

早速。。えぇ~、メールを紹介したいと思います。
ラジオネーム、しゅんたろうさん、27歳。女性かよ、と。しゅんたろうなのに女性なんですね。これなんですか?おニィ系ですか?え?
ふふふっ
え、そうまあまあまあ。

怪・セラ・セラを聞きました」

ありがとうございます。

「渋谷系でもあり歌謡曲っぽくもあり。何度聞いても違った雰囲気を味わえる、まさにスルメソングですね。突然の転調。大サビに向かって舞い上がってくメロディ。山下智久な感じ、最高です。『怪・セラ・セラ』に合わせてどんなダンスをするのかと楽しみです。」

ありがとうございます。
ね、どんなダンスになるんでしょうかね。まだですね、全然決まってないんです、実は。まあ、普通じゃつまんないんで、なんかこう、曲とね、ミックスしてあのいい感じに映るものっていうふうに持っていきたいな。って思ってます。まあ今回はこういう曲ですけれども、ね、ぜひ楽しんで欲しいなと思います。えぇ~、ありがとうございます。

えぇ、そして山下智久Cross Space。今日もね、ま、いろいろ、いろんなテーマとね。山下智久をクロスして、それについて僕がたくさんしゃべっていくっていう番組になってます。はい。いろんなテーマが毎週ね変わるので、いつ聞いても楽しいそんなラジオになってればいいなと、思ってます。

早速今日のクロステーマいってみましょう。

「山下智久×豪華客船」

イエイ!(指をパチンの3回鳴らす)
出たっ。タイタニック!
(BGMはセリーヌ・ディオン「My Heart will go on」)
やっぱタイタニックってこう、イメージがすごく強いですよね、豪華客船って言うと。みんなこの曲聞くと、胸がジーンときちゃう女の子多いんじゃないんですか?ね。

日経トレンディの2013年のヒット予測商品によると、豪華客船の旅が今年は来る、って言われてる。。らしいよ。
まあ確かにね、乗ってみたいよね、あんな物凄いおっきいの!俺もさっき、あのちょっと、見さしてもらったんですけど、映像を。すごかったよ、もう。街?街?う~ん、街が乗っかってるっていうか、その、俺が見たとこはこう、ファッションモールみたいな、そういうでっかい施設がそのまま船に乗っかっちゃってるっていう、感じなんです。
ね。こういう船にのってさ、こう世界中のんびり旅してみたいなと。仕事、ストレスからも解放されて、そしてお金も気にせずに旅したい。そんなことね、考えたことあるでしょ、きっと。

というわけで今夜は、豪華客船とクロス。世界の豪華客船。東京から出航する豪華客船。がんばれば手が届くリーズナブルな豪華客船の旅を厳選してご紹介していきます。

今日は僕と一緒に船に乗ってラジオトリップしませんか?
山下智久Cross Space。このあと11時55分まで僕とお付き合いください。
ここで1曲聞いてください。ピットブル・フィーチャリングTJRで、「ドント・ストップ・ザ・パーティ」』

Don't Stop The Party Ft. TJR/Pitbull

(波の音と船の汽笛の音)
tomo『山下智久Cross Space。今日のクロステーマは「山下智久×豪華客船」
へぇ~。タイタニック。タイタニックだ~。

豪華客船の旅をしたいと思ったことは?あります!たまたまテレビの特集で、あの見たんです、こないだ。ま、その海外の海をこう、旅するっていうかクルーズするやつなんですけど、中がすごいことになっててさ。

誰と旅をしたいか?
う~ん…そうだなぁ~。ま…な…ま、友だちがいいよね、やっぱりね。一人だとちょっとさすがに怖いし、そんなかで友だちが出来るかって、ね?不安もあるし、どういう環境かっていうのわかんないから、ま、あれですけど、友だちとね、こう、なんかこう全部忘れてこう。。旅してみたいなっていうふうに思いますね。はい。

ま、豪華客船、クルーズ客船とも言いますが、去年話題になったのが、歴代の世界最大客船をデビューさせてきた船会社、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが創り上げた客船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」。大きさなんと、驚異の22万トン。
もうわかんない。わかんないぞな(笑)。22万トンって言われてもわかんないね、どんくらいかね。
タイタニックの約5倍。
はあ~。すごいっすね。もう常にこう、進化していくよね。どんどんどんどん新しくなるって、ホントすごい。
乗客定員は5400人。
今これね、船内の様子見てるんですけど、規模がね、でかすぎ。ショッピングモールがそのまま船になった感じで。
豪華客船初、本物の草木がそよぐ公園。
海なのに草木だよ。すごいよね。どんだけ欲張りなんだっていう。
遊園地、水がテーマの円形劇場、シアター、カジノ、ナイトクラブ、プール、ジャグジー、船上サーフィン、スパ、フィットネスセンター、アイススケートリンク。お~い、ロッククライミングにゴルフ、ミニゴルフ。
もう住めるじゃん。むしろ普通に住んでるよりももっと楽しめる、あの~なんか、アトラクションがいっぱいあるんですね。いいな~行きたいな。でも、100万円以上するんじゃないの?って、思ってる人もいると思いますが、意外とそんなことないんですよ。

ツアー会社によって、ま値段は変わるんですけど、2月出発のカリブ海11日間コースで、だいたい、25万円前後。

これがんばれが手が届くはず、範囲だよね、きっとね。行きてぇ~。俺も行きたいな、これ、乗りたいな。
豪華客船ってほら、海外だけじゃなくて、日本の船だってあるんですよ。その名も、「にっぽん丸」!
そのまんまだ、そのまんまだ。はい。
これはね、屋久島・小笠原・沖縄・台湾等を回る船です。こちらはですね、京都の有名店「祇園 ささき」が和食をご用意。
ほ~。これはなんかちょっと高級感がね、増えてる感じを想像しますけど。とっても日本らしくて。
こちらも、10万円台からのツアーがあるとか。
えー、ね、みんなちょっと海外にね行く時間がないっていう人は、このにっぽん丸に乗ってね、旅したらこれは楽しいんじゃないかなと、思います。

山下智久Cross Space。今日のクロステーマは「山下智久×豪華客船」
このあとは豪華客船のツアーを運営してる会社の方にお電話を繋いで、実際に船の中にはどんなエンターテイメントがあるのか、どんなツアーが組まれているのか、お電話でお聞きしたいと思います。』

The Good Life/Frank Sinatra

tomo『お聞きいただいたのは、フランク・シナトラで「グッド・ライフ」でした。

山下智久Cross Space。今日のクロステーマは「山下智久×豪華客船」
ここで、豪華客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」のツアーを運営してる会社ミキ・ツーリストの吉田さんにお電話を繋いで、豪華客船の旅の魅力をご紹介してもらいましょう。』

tomo『もしもーし。』
吉田さん『もしもし。』
tomo『どうも、初めまして。山下と申します。』
吉田さん『始めまして吉田です。よろしくお願いします。』
tomo『よろしくお願いします。あの今日はちょっといろいろ聞いていきたいなと思うんですけれども、まず、あの「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」ってどんな船なんですか?』
吉田さん『えっとですね、「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」なんですけれども、大きさのほうが、全長310メートル。おそらくこうどれくらい大きいのかな。って予想がつかないと思うんですけれども。』
tomo『310メートル…はい。』
吉田さん『はい。東京タワーの高さがだいたい330メートルなので。』
tomo『そっかそっか。』
吉田さん『それと同じだけの長さが横幅にあると考えて頂いて。はい。』
tomo『すごいですね。さっきちょっと映像で見たんですけど。』
吉田さん『あ、そうなんですか?ありがとうございます。』
tomo『中がもうすごいことになってましたね。』
吉田さん『そうなんです。もう船の上とは思えない感じなんです。』
tomo『船んなかがラスベガスみたいになってる。っていう感じでした。』
吉田さん『そうなんです、はい。』
tomo『はい。』
吉田さん『そうなんですよ。で、中には、特徴的なのはアイススケートリンクがありまして、そちらのほうではプロのスケーターによるアイスショーが行われたり。』
tomo『うわ~すごい!』
吉田さん『はい。』
tomo『あれなんですか?レストランとかも、もういくつかあったりするんですか?』
吉田さん『そうなんです。レストランも3つありまして、中にはメインダイニングと呼ばれるレストランなんですけども、3層吹き抜けになっていまして、一回で約2000人のお客様をご案内することができるんですよ。』
tomo『すご~い。あれですよね。ゴールデンウィークに初めて東京に来るんですよね。』
吉田さん『はい、そうなんです。今回4月の27日が実は東京初入港なんですけれども。』
tomo『へぇ~そうなんだ?』
吉田さん『はい。レインボーブリッジがあるんですが、そちらのほうくぐれなくて。』
tomo『え!?』
吉田さん『それだけ高さが高いんですよ。』
tomo『ああ、そうですか?』
吉田さん『はい。』
tomo『レインボーブリッジ作り直さなきゃ。』
吉田さん『それは(笑)。』
tomo『ふふっ。』
吉田さん『そうなんです、はい。』
tomo『これ、ちなみにツアー先はどこに?』
吉田さん今回5月3日のコースですと、一番最初に、韓国の釜山のほうに行きまして、そのあと、長崎。であと、終日クルージングで最後横浜のほうに入港する予定になってます。』
tomo『なるほど~。そうなんですか?』
吉田さん『はい。』
tomo『いやこれたぶんすごい人がね、応募してくるんじゃないかと思いますけども、ずばり、このお値段を、聞きたいなと思うんですけど。』
吉田さん『はい。』
tomo『まず一番高いほうから聞いてもいいですか?』
吉田さん『はい。高いお部屋が、ロイヤルスウィートと呼ばれるお部屋なんですけれども、今、59万8千円。これはお一人様の料金になります。』
tomo『これは何日間で59万なんですか?』
吉田さん『これは6日間なんですけれども。』
tomo『なるほど。』
吉田さん『はい。船内での食事はすべて含まれてますし。』
tomo『ええ!?』
吉田さん『はい。ショーですとか、もちろんアイススケートショーを見るのも無料でご覧頂けます。』
tomo『へぇ~。あ、もっと正直、僕、高いと思ってました。』
吉田さん『あ、そうなんですか?』
tomo『だって、飛行機とかファーストクラスとかすごい値段するから、すごいのかなと思ったんですけど、59万。で、お安いほうのお部屋は…。』
吉田さん『一番お安いお部屋が10万8千円から、お一人様。』
tomo『あ、それはすごくあれですね、ちょっと手が届きやすい範囲のお値段になってますね。』
吉田さん『はい。ゴールデンウィークでこの価格と考えると、とてもリーズナブルだと思います。』
tomo『そうですね。あと、ごめんなさい。あの、予約なんですけど、これ、まだ間に合うんでうすかね。』
吉田さん『まだ全然間に合います。』
tomo『あ、まだ間に合う?』
吉田さん『はい。』
tomo『ちなみですよ、最後に、吉田さんは、もしプライベートで行くなら、どんな旅をしてみたいですか?』
吉田さん『あ、私ホント、クルーズで旅はしたいな。と思っています。』
tomo『そうですよね。』
吉田さん『楽ですよ。あの、次の日起きたら新しい寄港地に着いているので、通常ならホテルでのパッキング等(とう)も何回もしなくてもずっと同じ部屋で滞在できるので。』
tomo『ああ、そっか。』
吉田さん『はい、ゆっくり。お子さんのいらっしゃるご家族にも楽しんでもらえると思います。』
tomo『ああ、いいですね。』
吉田さん『はい。』
tomo『僕もちょっと次の休み取れたら、どっかで乗りたいなってすごく思いました、はい。』
吉田さん『ぜひ乗ってください!』
tomo『ありがとうございます。』
吉田さん『ありがとうございます。』
tomo『はい、すいません。』

tomo『はい、というわけで、山下智久Cross Space。今日のクロステーマは、「山下智久×豪華客船」
いやあすごいなんか、楽しくなっちゃったよ。なんかね、あの、ホントに映像見たらすごいよもう中が。でも、値段も、すごくこうがんばればどうにかなる。っていう値段だし。新しい旅の形なんじゃないかな。と、思いました。
いやあ~、なんか憧れるよね、ちょっとこう、あのほら、ONE-PIECEじゃないけどさ、船乗っていろんな、こう、港町にね、着いて、ちょっと降りれたりするんだよね、きっとね。あの、吉田さんも言ってましたけど。ホントにいい旅になりそうですね。

はい。ということで、みんなどう?これ。旅したくなったでしょ?豪華客船で。
うん。ね。
いやいやいやいやホントに、俺もいつかやってみたいなと、思います。
あの、前回アメリカをね旅したんで、今回ちょっと船で、車じゃなくて船で旅するっつうのがまた楽しそうだな。と、思いました。

ねぇ、そして、今日のクロステーマの方程式、いってみましょう。

「山下智久×豪華客船=老後の楽しみじゃなくなった!」

はい!やっぱこういうゆっくり、こう船で旅するっていうのは、老後のね、楽しみっていうイメージが多かったんじゃないかな。と、思うんですけど、ね、この値段だし、意外とお手軽に旅行できるっていうふうに言ってたので、いやあ楽しそうですね、これね。新しい世界がね、見えるんじゃないかな。と思いました。はい。

tomo『山下智久Cross Space。今日もそろそろお別れの時間です。
メールも毎週たくさん、ありがとうございます。
メールは山下智久Cross Spaceのホームページからお願いします。
えぇ、そしてなんと、1月28日からフジテレビ系列で放送がスタートする新番組「ジェネレーション天国」で、今田耕司さんと僕自身初となるバラエティ番組の司会も務めさせて頂きます。
いやあこれね、ちょっともう収録はしたんですけど、なかなか新しい感覚です。すごく楽しかったです。
一部地域では放送日が異なりますので、番組ホームページでぜひチェックしてみてください。
いやあホントにあのね、司会の今田さんがいて俺がいてこう山崎さんっていうアナウンサーがいるんですけど、ずっと立っててね、こう、なんだろう?ゲストと、いつもゲストでしかバラエティ出たことなかったから、まったく違う、あのね、新しい感じだった、すごく。だし、こう、ホントにね、勉強になることがたくさんありましたし、これからちょっとしゃべりもね、うまくなるように、バラエティ通して楽しみながら勉強したいなと思います。ぜひみなさん、見てください。楽しいと思います。

さて、山下智久、新曲が完成しました。タイトルは怪・セラ・セラ

すごいでしょ、またタイトル!ひさびさに来たよね、このタイトルね。こういう感じのね!

この曲は、稲垣吾郎さん主演の深夜連続ドラマ、「心療中-in the Room-」の主題歌。
今日はですね、この曲を聞いてお別れしたいと思います。
ここまでのお相手は、山下智久でした。
それではみなさんよい週末を。バイバイ。』


怪・セラ・セラ/山下智久

わぁ~、楽しかった~

いつか私も豪華客船で旅してみたくなった。そういえば、主人の妹さん夫婦もこういう旅したい。って言ってたな!したら感想聞かせてほしいな。って思ったり。

スマホから聴こえるtomoくんの声は。。癒しの声です。ここちいい~

明日は。。先週のを聴こうと思います。楽しみっ


昨日のtomoくんの日記の感想
つづきを表示
スポンサーサイト



Copyright © tomoくんと子供3人に癒される母日記. all rights reserved.