FC2ブログ
tomoくん(山P)大好きな『みゆきっこ』です。日記やドラマなどを見ての感想や日々の思いを綴っていきたいです。

+795 今日も。。午前中曇っててお昼から日が差して。。気持ち良かった!
こんばちはっ!

今日も。。午前中曇っててお昼から日が差して。。気持ち良かったです!

ブログ巡りすると。。

「6月のビターオレンジ」公開げいこ

しげくん主演&TOKIOの城島さん出演舞台「6月のビターオレンジ」が本日東京グローブ座で初日を迎えます。

本番前に公開げいこが行われたので、明日のWSは要チェックです。

こやちゃんの『メン愛』で。。「しげちゃんの舞台『6月のビターオレンジ』初日ですね頑張れメールを送りました こやしげ愛です」。。って書いてくれてました。まさしくメンバー愛ですね。


昨日ネットサーフィンしてて。。福山さんとtomoくんの事まだ載ってる記事があったので。。ご紹介!

『山下智久と福山雅治の意外な関係…「雅会」に入会した本当のワケ』というタイトル!

福山雅治を慕い結成されたという「雅会」なる集まりに、NEWSの山下智久が入会したという。
この二人、以前から交流があるのはファンの間では有名だったが、その裏にはいったいどんな事情があったのか・・・?

この作品がきっかけらしいが・・・その作品とは『NHK大河ドラマ 龍馬伝 』だそうです。

芸能界には“身分制度”なるものがあり、星の数でギャラや待遇が全て変わってくるという。例えば、5ツ星はドラマ及びバラエティー番組の出演料が一本当たり200万以上の芸能人を指し、4ツ星は100万以上、3ツ星は80万以上と分類されている。

芸能界でセレブクラスと呼ばれるのは4ッ星以上の芸能人で、星を持たないタレントは芸能人として認知されずパンピー(一般人)と呼ばれるそうだ。

このような芸能界で、この4ツ星以上の芸能人が多く入会していることから『セレブ芸能人の証』と呼ばれるていのが雅会だ。昨年放映されたNHK大河ドラマ『龍馬伝』で主演を演じた福山雅治を慕い結成されたと言う。

この“雅会”に、龍馬伝に出演していたわけでもないジャニーズの山下智久がなぜ入会したのか―

それは、現在公開中の映画「あしたのジョー」で共演した香川照之と伊勢谷友介の存在が関係するとのことだ。

この映画では、山下智久は主演の矢吹丈を、香川照之はトレーナーの丹下段平、伊勢谷友介は永遠のライバル・力石徹を熱演している。
そしてこの二人は、「龍馬伝」においてはそれぞれ岩崎弥太郎と高杉晋作を演じていた。

つまり、“雅会”の幹部が2人も「あしたのジョー」に出演していたのである。
山下智久はもともと人見知り体質だと言われているが、過酷な減量やトレーニング、殴り合いを通じて分かり合った香川・伊勢谷から勧められて入会したというのが真相らしい。

2/17付けの東スポの記事によると、以下のようにある。

「映画撮影の待ち時間、山下は同世代の伊勢谷とさんざん語り明かしたそうだ。そこに時おり香川も加わるという関係。山下がアドバイスされたのは『ドラマをやるならNHKだ』ということ。伊勢谷に『民放のドラマは視聴率に左右されて脚本が書き換えられる。演技が定まらず、結果、それなりの役者にしかならない』と諭された」

25歳の山下智久と34歳の伊勢谷友介を同世代と言い切るのは強引な気もするが、「あしたのジョー」の撮影現場では役者が熱く演技論を語り合うような雰囲気があったようだ。



それにしても、『民放のドラマは視聴率に左右されて脚本が書き換えられる』という伊勢谷友介の言葉は突き刺さる。
しかも、彼は2009年にNHKのドラマスペシャル「白洲次郎」で主人公の白洲次郎を演じて高い評価を得ており、なおさら説得力がある。

キャスティングや思わぬ人物のサプライズ出演などに頼らず、ストーリー性や役者の演技力といったドラマ本来の魅力を重視することに立ち返れば、自然に視聴率も上がってくると思うのだが・・・
特に最近の民放のドラマの低人気ぶりを見ると、NHKの方が“本物の役者”を目指すには向いているという意見には同感だ。

もちろん、NHKは役者のギャラがとても安いという現状はあるが・・・

このようなことから、今では月に2~3回は“雅会”に参加しているという山下智久だが、そもそも福山雅治との関係は今に始まったものではない。
数年前にメールアドレスを交換して以来、たびたび食事に行くような関係まで発展していたことは、福山雅治や山下智久のファンの間では有名な話だ。

例えば、2009年9月27日付のジャニーズ公式携帯サイト「Johnny's web」の連載「山下智久の日記」にはこんなことが書かれていた。

「今日は福山さんのライブに行ってきました 格好よかった ギター練習したくなった 帰ってギター弾いてくる」
「テンション上がったわ~。俺も頑張る」

この時期は、翌々月から開かれる横浜アリーナでのソロコンサート『First Solo~短いけれどいい時間(とき)を~SHORT BUT SWEET』を前にした、山下智久にとっても大事な時期だった。
そのような時期に福山雅治のライブを訪れ、そこから大きなエネルギーをもらったことがヒシヒシと伝わってくる。

この二人の関係、最初は「会話の8割が下ネタでびっくりした」と語っていた山下智久も、逆に福山から「山下くんは色っぽいし礼儀正しいから、"エロ礼儀正しい"よね」と言われてしまうくらい打ち解けた関係にあったらしい。

以前、ラジオを通して「僕と福山さんで"福山P"としてCDでも出せればいいな」とラブコールを送っていた山下智久。
役者としてもミュージシャンとしても、敬愛する福山雅治の後を追いかけていくのだろうか?



映画『あしたのジョー』で、香川さんと伊勢谷さんと出逢えていたから新しい出逢いもあって。。どんどんそうやって人の出逢いってつながっていくんでしょうね。これからもtomoくんにいい出逢いがありますように。。願ってます。

でも、芸能人の“身分制度”、星の数でランク付けされ、ギャラや待遇が違うっていうのはおかしいなって思います。そういう芸能界で頑張るのってほんと大変な事なんだなぁ。って思った。でも、そういうのに流されないでtomoくんは今のtomoくんのまま頑張って欲しいですね。

なんか昨日書いたのと重複する部分がありますが、色々考えさせられる部分もあったので。。載せました。
つづきを表示
スポンサーサイト



Copyright © tomoくんと子供3人に癒される母日記. all rights reserved.